Close

看護師の定年事情とは

一般の企業では、定年が65歳と定められていますが、看護師の定年事情はどうなっているのだろうと気にしている方も多いことでしょう。基本的に看護師免許を持っていれば、定年後も看護師として働くことが可能です。
そもそも看護師は、人手不足が深刻化しているため、定年退職後でも再就職をすることはできるのです。つまり、本人が健康で医療機関で働く意欲さえあれば、看護師に定年はないです。
実際、これから年金を受け取ることができる年齢が上がっていく上に、ますます世間の高齢化が進んでいくことも推測されています。したがって、定年を過ぎても働かざるを得ない看護師が増えていくと考えられます。ただ、若い看護師と同じように働くのは体力的に厳しいと判断されるため、病院によっては定年後はパートや嘱託職員として採用されるケースが少なくないようです。
また、定年後でも看護師として働きたいという方は、それなりの努力をする必要があります。まず、医療の技術は急速に進んでいるので、ちゃんと勉強をしないといざ働き始めてもついていけません。したがって、きちんと看護に必要な知識を学ぶ必要があります。
その他にも、人間のネットワークが定年後の看護師としての再就職をサポートしてくれることがあります。例えば、昔一緒に働いていた看護師や医療関係者、研修で知り合った同業者などから就職の誘いを受けるかもしれません。なので、色々な人との繋がりを大切にしておくといいでしょう。